top of page

著名人コメント

目黒くんと知り合ってもう20年以上になりましょうか。面白い演劇を作る人だなあと思ってたら本人はそれ以上に面白い人だった。一緒に作品を作ったこともあった。連絡をあまり取らない時期もあった。単純にお互い歳をとって、友人としての距離感も変わった。一つ変わらないことがあるとすれば、目黒くんはずっと面白いということ。そんな目黒くんが映画を撮った。観るのが怖い。目黒くんの作品にはいつもそんなヒリヒリな期待感がある。その面白さは安易なところにはない。ようやく観たら、目黒くんがそこにいた。彼と友人であることを誇りに思う劇作家・演出家・俳優・はえぎわ主宰/ノゾエ征爾)

目黒さんは一見、得体の知れない風貌をしている。しかし、そんな怪しい風貌の目黒さんが作った映画を見れば、彼の心がいかにそんな風貌とは反対の世界にあるかがよくわかる。そこにあるのは、怪しさや悪意ではなく、他人に対するいたわりや優しさである。不器用な人間が不器用ながらも希望を捨てずに生きている姿を優しいまなざしで描く目黒ムービーは、たぶん劇中の人物と同じように不器用に生きている多くの観客に小さな夢を与えてくれるはずである(劇作・演出家・ISAWO BOOKSTORE主宰/高橋いさを)

目黒くんとはもう20年以上の付き合いだ。「小劇場」という全くお金にならない沼にお互いどっぷり浸かっていた。ほとんどの仲間が沼から脱出し社会復帰していく中で僕も目黒くんも逃げそこなった。ずっとさすらっているのだ。さすらったその先に何があるのか?その答えは作品の中にあるのだよね。お互い戦友として答え合わせをし続けましょうね(映画督・絶対王様主宰/笹木彰人)

『単線、日々』

福島県出身の私には、台詞が福島訛りだからこそ、挫折感と喪失感がより一層際立って感じられました。

人生の岐路に立った時に、どちらの道を選ぶのか、最後は自分の選択だとしても、誰かに背中を押して欲しい、そんな人間臭さがそこはかとなく漂って来ました。

 

『エイジ オブ エターナル』

子供の頃に抱いた無邪気な夢を追い掛けながらも、何事も上手く行かない主人公の人生に、エンターテイメントの世界に身を置くものとしては、何処となく自分を投影しつつ、生じる葛藤と焦燥に共感する部分も御座いました。

過去と向き合い、前を向き、夢舞台に立った時に、どんな景色が見えたのか。

人生、過去は変えられなくても、今をどう生きるかで、未来は変えられる。

観ていて、ふとそんな事が頭を過ぎりました(俳優・タレント/なすび)

bottom of page